調味料容器の穴

 

食品メーカーの調味料容器に関する噂。

社内会議でのこと。調味料が容器から出てくる穴を少し大きくして、1回あたりの消費量を増やすことで購入サイクルを早めようというアイデアが出た。


 


このアイデアは見事に当たって、容器の変更によって売り上げが大きく伸びた。

このアイデアを考案したのは女性社員で、売上げを伸ばした功績により昇進したという話である。


この都市伝説の調味料として、『
味し○塩こしょう』や『○のもと』が挙がることが多い。

そして穴を拡げるアイデアを考案したのはOLさんというのが話の定型となっている。



この都市伝説を実際にメーカーに問い合わせた方がいるようで、メーカーのHP では容器穴の真相について回答している。


AJINOMOTO お客様相談センター
「昔、販売量を増やすために「味の素®」の瓶の穴を大きくしたと聞きました。本当ですか?」
http://okyakusama.ajinomoto.co.jp/qa/ajinomoto/11.html

このエントリーをはてなブックマークに追加