皮ジャン

 

某アジア地域での話。

観光でその地を訪れた男性が広場を歩いていると、露天で売られている革のジャケットが目に入った。


 


その露天商では悪趣味な置物や雑貨が主な商品であったのだが、なぜか1着だけ革ジャンが置いてあった。

値段もそこそこしたがデザインが何とも斬新だったので、これは買いだと思い即購入を決めた。


ホテルに帰って早速ジャケットを着てみると牛革とは異なる妙な質感がする。


ジャケットを裏返すと何かのシンボルティックな記号やハートの
絵柄等がうっすらと見える。これはどう見ても刺青の絵柄である。


まさか人間の皮で作られたのでは・・・気味が悪くなった男性は帰国する前にジャンパーを捨ててしまった。






女性の皮はがして着用か、連続殺人で容疑者逮捕―ロシア(Searchina:2010/5/24

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0524&f=national_0524_028.shtml

このエントリーをはてなブックマークに追加