星を見る少女

 

某研究学園都市での話です。


男子学生がバイト帰りに、とある学生宿舎の前を通り掛かった時のことです。

ふと、宿舎の4階を見ると、窓際に佇んで空を見上げている女の子が居りました。


 


その日は星がきれいに見える寒い夜でした。

「星を見上げるなんて今時珍しい女の子だなあ」

男子学生は女の子に強く興味を引かれました。顔が整っていて、肌がとても白い女の子です。

そして次の日の夜も、その宿舎の前を通ってみると、例の女の子がまた夜空を眺めていました。

「また星を眺めている」

・・・・・

男子学生は一日中女の子のことが頭から離れません。

「今日も居るかなあ~」
星を眺める女の子対して恋心が芽生えていたのです。

その日もバイト帰りに同じ道を通ると、女の子がまた星を見上げて居たのです。しかし、今夜は曇天で星は一つも見えません。

「こんな日にも星を?なんか変だなあ、いつも同じ体勢でいるし。。。」

これは何かおかしいと感じた男子学生は、思い切って女の子の部屋に行くことにしました。

女の子がいる部屋の前に行き、ノックをしてみましたが返事がありません。試しにドアノブを回してみると、意外にもドアが開いたのです。

「大丈夫ですか?」

声を掛けてみましたが返事はありません。

暗がりの中、眼を凝らして見ると、男子学生は事の意味に気付き、恐怖に襲われました。


女の子は首を不自然な方向に曲げて、窓際で一定のリズムで揺れていたのでした。



そう、女の子は星を見ていたのではなく、窓際で首吊り自殺をしていたのです。。。。
 

よい子の都市伝説講座第5回「星を見る少女」
 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加